菖蒲高校から全国へ、そして世界へ
       無事カエルの願いは大きく拡がっています
     

無事カエル」のマスコットは、全国的に高校生の交通事故が多発していた二十年以上前、心を痛めた家庭クラブの女生徒が、「無事カエル」と名付けたマスコットを作りドライバーに配布したのがきっかけです。以後菖蒲高校では、学校家庭クラブ活動として、1・2年生の家庭科の授業でカエルを作製し、毎年欠かさず交通安全を願って配布しています。 
                    「無事カエル運動」の詳しい歴史(PDF版)
小学校入学式で「無事カエル」配布     (平成20年4月9日)
ほやほやの可愛い1年生が、安全に通学できることを願って、毎年、菖蒲町内の5つの小学校の1年生全員に「無事カエル」マスコットを贈っています。
今年は、菖蒲高校の家庭部の生徒が菖蒲東小学校、三箇(さんが)小学校、
栢間(かやま)小学校での入学式におじゃまさせていただいて、新入生全員にプレゼントしました。
他の2校についても、事前に寄贈しました。
       無事カエルを新入生に配ろうとしている蒲高校家庭部員
栢間(かやま)小学校で     菖蒲東小学校入学式で
 
     
上の小さな写真を左クリックすると、写真を拡大して見ることができます。戻す時は、Internet Exploreならツールバーの「戻る」をクリックしてください
 
ドライバーへのみなさんへ「無事カエル」配布   (平成17年9月26日実施)

 9月26日、菖蒲仲橋付近の県道沿いで菖蒲高生が手作りの「無事カエル」をドライバーのみなさんに配布しました。これは菖蒲町の交通安全運動の一環として、毎年菖蒲高校が地域のために行っている活動です。今年は生徒会役員、家庭部、家庭クラブ委員・インターアクト部などの生徒がこの活動に参加しました。フロントガラスに無事カエルを喜んで付けてくれるドライバーが多く、生徒達はとても感激していました。 「マスコットを受け取って頂いた時の、ドライバーのみなさんの笑顔が忘れられません。」(家庭クラブ担当教諭)
                                         
下のサムネイルの写真を左クリックすると、写真を拡大して見ることができます。戻す時は、Internet Exploreならツールバーの「戻る」をクリックしてください。